Protoolsってどういうの?

Protoolsとは何ですか?それはコンピュータ音楽のためのものです。

これは、オーディオインターフェイスで使用されるビルディングシステムの名前です。

熱心な技術によって開発されました。プロのためのデバイスとして1990年代初めに開発されましたが、それは一般の人々のためのソフトウェアになっています。

これは、コンピュータに送信されるサウンド信号を操作することで編集できるソフトウェアです。レコーディングスタジオなどで常に使用されています。

コンピュータのパフォーマンスが高くなるにつれ、消費者向けのソフトウェアとして普及しています。多くのプラグイン・エフェクトが世界中で開発されており、システムをインストールすることでシステムを拡張できます。

HDはプロのためのものだったが、Protoolsはオーディオトラックの制限を取り除いたことで一般に人気を博した。

Protoolsは、TDM、RTAS、HTDM、AAXを採用しています(AAXはAvid Audio Extentionです.PTools 10以降に採用されています。

内蔵されたDSPアクセレーターを備えたProtoolsはAAX DSPと命名され、それらを備えていないProtoolsはAAX Nativeと呼ばれます。今はそれらのすべてがAAXスタイルに変更されました。

Protoolsとは何ですか?それはコンピュータ音楽の専門家および消費者のためのソフトウェアです。そして、それはまた、コンピュータの一部であるインタフェースに使用され、適合されたシステムでもあります。

Protoolsとは何ですか?それは1990年代初めに一般大衆には難しいソフトウェアでした。

しかし、今ではコンピュータの性能とソフトウェアが向上したため、一般の人々に人気が高まっています。今ではCubase、ガレージバンド、スタジオと同等の編集ソフトになっています。

そして、録音だけの概念はありません。これで完全に入力準備が整いました。一言で言えば、冒頭では、それは入力のためには良くなく、記録のためだけであった。

しかし、今開発されたので、入力やMIDIやCubaseなどにも使いやすいです。サンプリングレート44.1を処理するのは難しいですが、192kHzまで可能になっており、高解像度に対応したソフトウェアです録音。

高解像度では、より多くの専門家がより良いサウンドを探しました。 Protoolsは米国で作られたソフトウェアです。米国のほとんどの人がそれを使用しているので、

彼らの友人もそれを使用したり、仕事のためにそれを必要とするため、彼らはしばしばそれを購入します。さらに、ProtoolsのプラグインがAAXに変更されました。多くのユーザーが新しいProtoolsを購入する必要がありました。

また、多くのエフェクトが開発されるにつれ、アナログとデジタルの両方に使用される楽曲が増え、コンプレッサーを使用して音圧を上げます。また世界中に多くの開発者がいるため、プラグインに多額の資金を費やすスタジオが数多くあります。

また、多くの種類のプラグインが組み込まれているため、多くの人が他のプラグインを組み込みプラグインと共に組み込みました。市場は刺激される。

そして、コラボレーションの機能によって、第三者とのコラボレーションが可能になりました。コラボレーションの機能は2016年以来、Protools 12.5から始まっています。

それまでは遠隔地の人とコミュニケーションをとるために、海外の場合は海外の航空券、宿泊費、生活費が必要でした。

しかし、この機能を導入することで、オンラインで通信し、Protoolsだけでスムーズに曲を完成させることが可能になりました。それは非常に便利な機能として、専門家の間で人気があります。

また、過去にDropboxによる通信が必要でした。しかし、その機能を導入することで、Protools内で完了することができます。

だから、とても便利な時期になっています。以前は不可能だった複数の人とのコラボレーションを簡単に完了できます。それは多くの広報を集めました。

Protoolsは過去のものとは異なります。サウンドが良くなり、オーディオトラックの制限が解除され、より一般的に受け入れられました。アマチュアミュージシャンはますますそれを受け入れ、人気を博しました。現在、Cubase、Protools、garageband、Abletonがパーセンテージを占めています。ソフトウェアを選ぶのは、あなたが慣れ親しんで使いやすいものを選ぶことです。多くのソフトウェアがありますが、1つだけをマスターするのはIOKです。あなたは多くのソフトウェアを購入する必要はありません。あなたが慣れ親しんだコンピュータで使用できるソフトウェアを選ぶことが重要です。あなたに合ったソフトウェアを選ぶことから始めましょう。