Protoolsのようなデスクトップミュージック

デスクトップミュージックってなんなんでしょうか?ウィキペディアによると、DTMと、DAWは、アマチュアとプロの違いとありますが、デスクトップミュージクとは、パソコンを使用し楽曲を作ることです。

頭文字をとってDTMと称したり、パソコンで信号を送信することから「打ち込み」と言われたりもします。

電子楽器を組み合わせるエレクトロなどのイメージがあるかもわかりませんが、昨今のデスクトップミュージックとは生演奏のような音も出るため、ロックからクラシック音楽であっても可能なことから幅広く演奏が可能でMIDIを打ち込んで作成すること、

演奏を録音してMIDI(打ち込んだデータ)を再現することもできます。MIDIとは”Musical Instrument Digital Interface”の略であり、

ドラム楽器や、鍵盤楽器、電子楽器の打ち込みの信号をMIDI化したものを言います。デスクトップミュージックとはどんなジャンルも、オーケストラからダンス、エレクトロ、ロックまで制作が可能であり、

生演奏のような制作にも対応していることから人気のアプリです。DTM、DeskTop Music(デスクトップ・ミュージック)は、
コンピューター・ミュージックとも呼び名がありデジタル音楽で作られた音楽です。

このコンピューターミュージックはいかにもパソコンで作りましたと言ったような物ではなく、オーケストラのような生のバイオリンを入れた音楽も制作可能なことが後押しし、

新垣隆のような作曲家も使用経験があり、また有名な坂本龍一なども使用している。坂本龍一はオーケストラのデモ制作にDTMソフトを、使用している。また、そのことにより、多くの若手の音大生も授業のカリキュラムにDTMの使い方を取り入れています。
今ではiPhoneやiPad、タブレットで好きなようにに音楽制作がだれでも挑戦できるようになった。

とっさに浮かんだ口ずさんだメロディを好みの音源で曲が作れます。様々な好みの楽器の音色や、歌を繋ぎ合わせたり、加工をしたり、変更追加もでき、まるでバンドやオーケストラの様に素晴らしい演奏が1人でできます。デスクトップミュージックとは,

昔はパソコンで作ったと聞いた人にわかるような音楽でしたが、今はパソコンとソフトの高機能、高音質化により、より生演奏に近い打ち込みにも対応しています。パソコンを使用し、作曲や打ち込みで曲を完成することをDTMと言います。

本当の楽器がなくてもプラグインにて楽器の代替えが可能であり、MIDI打ち込みなどの音源とシーケンサというものでソフトを使えば作曲が可能です。 電子楽器をパソコンに接続し打ち込みをする。

ボーカロイドが一般に普及し歌い手も多くなり、歌ってみたや、歌手希望の方も上昇傾向にあります。大手レコード会社の応募する方も増えています。ボーカルの基礎レッスンをする方も増え、今や歌い手になることが夢の方も多く見られ、

歌い手になることは女性から男性まで人気です。DTMを購入し、作曲家に作ってもらい、歌い手になる人も多く見られ、また男性で歌を歌えない人もボーカロイドを使用する人も多くボーカロイドのYoutube投稿は人気のコンテンツです。

ボーカロイドの初音ミクや、カイトを購入し、調教することをボカロPと呼ぶ。ボカロPは上昇してる人気の職業でボカロPになってニコニコ生放送などで有名になるものも多く見られます。

ボカロにより生の歌に挑戦する若者も多く、非常に活気を見せている。今は歌い手になる、歌手になりたい、好きなことを仕事にしたいと希望する人が多く非常に賑わっている。

ProtoolsまたはCubase、Ableton、Studio oneで制作した音源をYoutubeまたはサウンドクラウドにアップロードする時代になった。Protools HDよりProtools 12の方が手軽です。

DAWも、敷居が低くなってきていて、無料体験ダウンロードも可能で、DTMも、ソフトの性能が向上してきていること、それらを統括すると、昔は、作曲に何千万円投資をして、その元を取るために作り出した曲を無理を重ね営業し。

そのストレスに負けてしまったプロミュージシャンも少なくはないと思う。しかし今は多くチャンスもあり、自主制作した音源をitunesやアマゾンで配信もできる時代になり、多くのミュージシャンがitunes等で配信しています。itunesは個人でも配信が可能な時代になったがそれで食べていくのは困難なためやめていく人も多く見られるが一種の趣味として人気の配信である。アップルで配信することはオリジナル音源ならば可能でクオリティがそんなに高い低いは必要とはしないためオリジナルならば配信可能です。

itunes配信はwixなどで年間2万と少しで可能であり、音源を配信するアマチュアから支持されている配信業者であるが自分でサイトを作って公開することも人気で今は増えている。とても人気となったDTMですが昔はアナログしか録音できなかったり、

トラック数に制限があったが今は多くのトラック数を重ねて多重録音や多重演奏することも可能となっている。また多くのサンプリングなどを使用することは費用がかかるが打ち込む手間が省けるため購入する人も多く人気です。

サンプリングだけでは物足りない人はサンプリングと打ち込みを合体させ、音楽をDTMにて作るものもいる。また多くの楽曲を早いスピードで作れることもDTMが人気の理由といえます。早く楽曲を作れることはストレスの軽減にもつながり、

楽曲を作るのにストレスがかかるという時代ではなくなった。多く楽曲を作ることは大手レコード会社の採用基準にもなっており、多くの音源から一つの楽曲をアーティスト一人またはグループに提供することとなる。アマゾンやSpotifyなども人気の配信である。

人を雇う場所や、打ち合わせの時間を減らすことにもなり、今はデスクトップミュージクなしには音楽は制作できない時代になった。

また、今やパソコンひとつで全てのジャンルを制作可能で、楽器経験が少なくても音符が読めれば可能であり、今はデスクトップミュージックの市場は大きな音楽業界において活性化されていると言える。

無料で音楽が聴けるという時代に変わり、音楽は無料で聴けるが、ライブに足を運ぶ人は多い。以前までは音楽は有料でしか聞けなかったが、今は音楽にそんなにお金をかけない若者が増えてインターネットで聞く時代になった。

時代の変化に伴い作曲家の活動も大幅に変わってきたと言える。DAWが、敷居を低くした原因も、音楽業界のIT化で、その、音楽が、ダウンロード配信も人気になり、日々多くの楽曲が披露されている。高価なDAWで、初期投資をしても、元を取るのに、何曲も何曲もヒットを飛ばさねば食べてゆけないプロミュージシャンも、多いが時代に変化があり、チャンスも増えてきています。そして、音楽のIT化がDTMの可能性を広げてきた。もし、望む演奏家が、

雇うのに、遠い海外だったら、ギャラよりも交通費がそして、宿泊費などの諸経費のほうがかかってしまい、金銭面で、雇うのに渋っていた演奏家を、protools 12のコラボレーション機能やスカイプなどのインターネットを通じ、

音源を採取し、音楽の演奏するだけのギャラで雇える。そういう事情を考えると、音楽というのも、好きこそものの上手なれ、好きだけではやってゆけないという二面性があるが、

それは、音楽のIT化が、始まる以前からある問題だが、時代を超えて時代に沿った問題も出てきている。DTMで、はじめ最低限のツールをそろえ、収入に見合ったソフトウェアや、

ツールを徐々にそろえてゆく、DTMも、プロからアマチュア向けといわれるが、工夫の過程において、プロ用の音源と、

同じ可能性が秘められている。いずれにせよ、DTMでも、DAWでも、必要なのは、作曲に必要なコードの習得、リズム、人生経験、作曲の経験が、基本のベースになっていることは否めない。

DTMや、DAWが、自動的に曲を作るのではなく結局はそれを動かすのは人間のヒューマニズムだというところにその基本はあることをプロであれ、アマチュアであれ忘れてはならない。リズムのノリで、曲のイメージが変わるためリズム感は養うべきであり、まず、根本となるのがコード、そして、多くの歌を聴きリズム感を取るという面ではDTMも、作曲としてかなりハードルが高いといえよう。

作詞も、作曲も、継続こそ力と言われるように、続けることでレベルアップを計れます。コードについて勉強し、打ち込みや、サンプリングの組み立てを勉強することが必須で技術は一生の財産になることから勉強に励むDTMをする人のことをDTMerと呼ぶようになった。

あなたは作曲に必要なモノってなんだと思いますか?デスクトップミュージックに必要な物とは、5つの秘密のアイテムを揃えてください。簡単には、作曲ソフトと等があれば大丈夫です。1に作曲ソフト。2にインターフェイス。3に素材もあるといいです。4にコンデンサーマイク。5に楽器。これは作曲家を目指すには、やっぱり必要です。楽器がいる。といえば作曲をやれば、必ず買うべきものです。この5つのアイテムを全て揃えれば、作曲をはじめることができます。

最低限必要なものは、揃えて勉強すれば、作曲家には、なれる可能性があります。DTMの作曲ソフトは、たくさんあありますので自分に合ったものを探しましょう。それと、大事なのはインターフェイスです。なぜなら、ボーカルや録音の音質が変わるからです。一生懸命歌っていようと、音が凄く割れているものならば、あ、これダメ!って感じの雰囲気を持ちますので、音はしっかり録音したいものですから必要です。ちなみに、ダイナミックマイクとコンデンサーマイクは全然違うものです、注意。カラオケとかで使ってそうなマイクがダイナミックですから録音にはコンデンサーマイクを使いましょう。コンデンサーは音の振動だけではなく静電気で声を録音できるとのことです。また女性でも気軽に作曲できる時代になり歌い手希望や作曲家希望が増え続けている。