Protools2018サンプリングを読み込む方法

サンプリングについて
Protoolsの使い方はシンプルですが、高度なプレイヤーも必要ですが、これはサンプリングの世界です。しかし、時に退屈なので、MIDI画面から編集することをお勧めします。しかし、最近数が減少したようです。私はこれまでに多くのものを使用していましたが、欲しかったものはすべて買ったようです。最終的には、楽器を演奏できない人は続かないでしょう。それはどこかで止まる。楽器のdre miを知らない人は、操作のためにすぐにサイトをリクエストすることができず、何年も続けている人は確かに楽器の基礎を持っています。また、おしゃれで新鮮なものを紹介したいと思います。 Protoolsの基本的な操作はそうですが、Sanプディングの梱包はこちらです

①ファイル作成から開く
②ファイルを読み込む➡インポート➡オーディオ

③オーディオ波形を選択してクリックすると、そのような画面が表示されます。

それが選択されたら、右下の右の完了を押してください

④波形の大きさを調整するロード後(バー9区切り文字)のTLC

TLC画面

右クリックでTLCを選択します。

⑤サイズに合わせる

右クリックする長押ししてサイズを調整する

ミキシング⑥ウィンドウを開く➡ミックス画面

⑦最後に、ループを選択し、ループ数を決定し、入力で完了するこれはオプション+ Rでループする回数です。その後、イコライザーやコンプレッサーなどのエフェクトが好きですが、誰でも簡単にサンプリングを使用して作成できます。それは非常に簡単な方法なので、誰でもそれを行うことができます。ビート・ディテクティブによるサンプリングを分割したり、ドラムのビートを組み合わせたり、シングル・ノートで作ったりするので、私は説明したいと思います。
①イベント➡ビート探偵

②右端のメジャーを選択してください。ビート・マーカを生成し、分析を押します」サンプリングされたオーディオが分割されたラインが波形に現れます。ボトム・ジェネレーションをクリックします。ここをクリックしてサンプリングを分割します。これにより、オーディオを好きなように組み合わせることができます。あなたの近くにビートを作成することができますし、サウンドエフェクトなどを作成することもできますので、試してみてください。