Protools2018 基本操作

基本操作

準備が完了したら、それは作曲の始まりです。 初心者の作曲家にとって、素材を使ってうまくいくようにしましょう。 編集ウィンドウの使い方 編集モードセレクターにはシャッフル、スポット、スリップ、グリッドがあります。 私はスリップとグリッドだけを使用します。
スリップすると、移動時の自由な位置を指定することができます。 グリッドはbar、beer、minute、secondに設定されています。
スムボタンの使用は、ズームの右を押して拡大することができ、縮小して左を押すことができます。 これはCommand @ でを減らすことができます。

選択ツール、セレクタツールは、各トラックの領域などを部分的に選択することができます。

 

グリット値の使い方これは半音符、四分音符、8分音符から64音までです。微細に打ち込みしたいときには64に注意することが可能です。
トランスポートの使い方これは、主に録音、再生、早送り、巻き戻し機能で記録されます。トランスポートの赤いボタンを押し、トラック上の丸いボタンを押して再生することができます。
鉛筆ツールは、MIDIデータとオートメーションを書くときに必要なものです。鉛筆ツールでの運転の入力とMIDIデータの入力。

ボリュームは、トラックのクリップがボリュームになるボリューム上に置かれます。オートメーションを書き込むためにラインを使用することができます。フェードインしたい場合はフェードアウトなどを併用します。オートメーションを上下に移動するボリュームには三角形が使用されます。正方形は、正方形の線でオートメーションに入ります。ランダムはランダムかつ自由に書くことができます。 Barraboraは、徐々にオートメーションを半径方向に書き込むことができる機能です。 Sカーブはその名前の通りSラインに入力することができます。ミックスする方法。ミックスは、ウィンドウからミックスを選択し、メーターを上下に動かします。と。
左右のパンノブで左から唯一または右から各部分に向けることができます。また、ソロ・ボタンを押して1つのトラックだけをミックスすることもできます。録音された音量は、MIDIデータのベロシティで調整することもできます。ベロシティから上下に変更するMIDIウィンドウを開きます。
テンポはセットの始めに120に設定されます。これを変更したい場合は、時間、分、秒のフィールドでBPMの後のクリックを正のテンポに変更します。入力されたタイピングをクオンタイズします。これは、クオンタイズアウトがMIDIで録音されたときに便利です。イベント操作からクオンタイズを選択すると、いくつのノートが決定されます。あなたは一般的に8分を16に保ちたいかもしれません。

___
バウンスする
バウンスはファイルからバウンスするときに常にインターリーブを選択します。 MP3、Wavなどから選択します。ファイルの保存場所を指定した後、オフラインでチェックして書き出します。
トラックのレーヨンと色を変更します。
各トラックのデフォルトの色に茶色または青色をクリック
それは変更可能です。カラーパレットから好みの色を選んでみましょう。
トラックの名前を変更します。 InstとAudioの部分をダブルクリックして変更することができます。

___
ボーカルを録音する。ボーカルはオーディオトラック、新しいトラックのモノラルトラック、赤いボタンのプレスから作成されます。トランスポートの赤いボタンを押してレコーディングできます。マイクをオーディオインターフェイスに接続しましょう。