Protools コラボレーション機能改善点

Pro Toolsプロジェクト
アーティスト・チャット
アーティスト・チャット機能を使用すると、他の Pro Tools ユーザーを検索してプロジェクトに招待し、コラ ボレーションを行うことができます(他のユーザーか らプロジェクトへの招待を受けることもできます)。コラ ボレーション・プロセスの実行中は、テキスト・チャッ ト機能を使用して他のユーザーとコミュニケーション をとることができます。
トラックベースのコラボレーション
Pro Tools では、プロジェクトをクラウドにアップロー ドし、同じプロジェクト上で他のユーザーとトラック ごとにコラボレーションを行うことができます。
その他
Pro Tools 12.5 には、以下に示す機能と改善点も導入 されています。
• QuickTimeBounceを使用したタイムコードのエク スポート機能
• [再生サーバーに送信(]Send to Playback)オプショ ンで XDCAM MXF メディアを使用するための Pro Tools Avid Interplay の拡張
• Pro Tools 12.5 には、更新された AVE(Avid Video Engine)も付属しています。AVE は、一般的なコー ドベースの更新機能です。そのため、このバージョ ンの AVE に新機能が導入されているわけではあり ませんが、全体的な安定性が向上しています。
Pro Tools 12.5 には、Pro Tools のプロジェクトを使 用するクラウド・コラボレーション機能が導入されて います。「プロジェクト」と呼ばれる新しいセッション・ タイプを作成できるようになりました。プロジェクトは、 クラウドに対応したセッションです。プロジェクトは、 Avid マスター・アカウントに関連付けられた Avid ク ラウド・アカウントに保存されます。プロジェクトを 使用すると、他の Pro Tools ユーザーをプロジェクト に招待し、トラックごとにコラボレーションを行うこ とができます。同様に、他の Pro Tools ユーザーから プロジェクトへの招待を受けて、コラボレーションを 行うこともできます。

• ダッシュボードを使用したプロジェクト・コラボ
レーションの招待機能
• チャット・ウィンドウでプロジェクトを開く機能
システムの必要条件と互換性情報
Avid は、動作確認が行われたハードウェアとソフト ウェアに対してのみ互換性を保証し、サポートを提供 します。
システムの完全な必要条件と推奨コンピュータ、オペ レーティング・システム、ハード・ドライブ、サード パーティ機器については以下をご覧ください。
www.avid.com/compatibility
Pro Tools のマニュアルで使用される 表記法
Pro Tools のマニュアルでは、メニューの選択、キー
ボード・コマンド、マウス・コマンドを以下の表記法
に従って示します。
:

表記法
アクション
[ファイル](File)> [保存](Save)
[ フ ァ イ ル ]( F i l e ) メ ニ ュ ー か ら [保存](Save)を選択します。
Control+N
Control キーを押したまま、N キー を押します。
Control- クリック
Control キーを押したまま、マウ スボタンをクリックします。
右クリック
右側のマウスボタンをクリックし ます。
画面に表示される[コマンド](Commands)、[オプ シ ョ ン ](Options)、[設定](Settings) の名前はそれ ぞれフォントが異なります。