トラックプリセットをセンドに呼び出す方法

トラックプリセットをセンドに呼び出す方法
Pro Toolsでは、トラックプリセットに保存されたセンドの設定を呼び出すことができます。 これにより、共通の送信設定がトラックプリセットに保存されたトラックをすばやく設定することができます。
トラックプリセットからセンドを呼び出すには、次のいずれかの操作を行います。
ワークスペースからトラックをドラッグ&ドロップすると、既存のトラックが表示されます。 存在しているトラックの選択を送信するには、送信から送信を選択します。
トラックプリセットからセンドを呼び出す
ワークスペースブラウザでのプリセットの追跡
ワークスペースブラウザは、LocationsペインのTrack Presetsエイリアスから、すべてのトラックプリセットに簡単にアクセスできます。 トラックプリセットのサブディレクトリでは、カテゴリ別トラックプリセットを編成できます。各サブディレクトリは、[新規トラック]ダイアログにトラックプリセットカテゴリとして表示されます。 名前、カテゴリ、または任意のワークスペースブラウザで(Soundbaseと同様に)メタデータタグを照合して、トラックプリセットを検索します。

Protoolsの購入はこちら

AVID ( アビッド ) / Pro Tools 永続ライセンス版 (Activation Card and iLok)はこちら

AVID ( アビッド ) / Pro Tools + Eleven Rack (サブスクリプション版)はこちら

AVID ( アビッド ) / Artist CONTROL V2はこちら

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Pro Tools12 永続ライセンス版 + Scarlett 2i2 G2はこちら

Pro Tools HDX / HDをSoundGridネットワークで拡張するキー・プロダクトDLIはこちら

プロダクション、ミックス、マスタリングに加え、ノイズ処理までをカバーする、Wavesベーシックバンドルの最高峰 Diamond はこちら

あらゆる場面で必須のプラグインを収録した、Wavesスタンダード・バンドルWaves Plutinumはこちら