AUXアウトプット・ステムを持つインサート を使用してトラックをコミットする

一部のプラグイン(Pro Multiband Dynamicsや、各種のバーチャル・インストゥルメント・プラグインなど)を使用して、AUXアウトプット・ステム(AOS)をプ
ラグインから他のトラック(オーディオ・トラックやAUXインプット・トラックなど)のインプットにアサ
インすることができます。AUXアウトプット・ステムにアサインされているプラグインを持つトラックをコ
ミットすると、そのプラグインのAUXアウトプットに
アサインされているトラックもコミットするように求めるプロンプトが表示されます。これらのトラックもコ
ミットする場合は[はい]を選択し、ソース・トラックだけをコミットする場合は[いいえ]を選択します。レンダリングされたファイルのビット・デプスの初期設定
[プロセッシング]初期設定ページ([設定](Setup)>
[初期設定](Preferences)>[プロセッシング]
(Processing))の[レンダリングされたファイルのビットデプス](Rendered File Bit Depth)初期設定により、
[トラックをコミット](Track Commit)コマンドで作成
された新しいオーディオ・ファイルのビット・デプスが決まります。常に32ビットを使用(Always Use 32-bit)
このオプションを選択すると、セッションのビット・デプスに関係なく、[トラックをコミット](Track Commit)
コマンドで作成された新しいオーディオ・ファイルが常に32ビットになります。Pro Toolsのミキサーは32ビットの浮動小数点数であるため、デフォルトのオプションであ
る[常に32ビットを使用](Always Use 32-bit)を選択することをお勧めします。このオプションを選択することにより、ソース・トラックのサウンドが、コミット後のトラックのサウンドになります。
セッションの設定に従う(Follow Session Settings)このオプションを選択すると、[トラックをコミット]
(Track Commit)コマンドで作成された新しいオーディオ・ファイルのビット・デプスが、セッションのビット・デプスと同じ値になります。[セッションの設定に従う]
(Follow Session Settings)オプションを選択した場合は、32ビットの浮動小数点が24ビットや16ビットに切り捨
てられることになるため、コミット後のオーディオが短縮される可能性があります。このような問題もあります
が、セッションで生成されたすべてのオーディオで特定のビット・デプスを使用する場合は、このオプションを選択することをお勧めします。
トラックのバウンス
Pro Tools では、セッション内の個別のトラックをバウンスすることができます。トラックのバウンス機能は、
セッション内のトラックからオーディオ・ファイルを配信する場合に便利です。サブマスターのステムや個
別のトラックをバス・レコーディング用に再ルーティングする必要はありません。必要なソース・トラックを選択してディスクにバウンスするだけです。
バウンスできるトラックのタイプは、オーディオ・トラック、AUX インプット・トラック、マスター・フェーダー・トラック、インストゥルメント・トラックです。
セッションからトラックをバウンスするには:
1 以下のいずれかを行います。
• バウンスしたいトラックを選択し、[トラック]
(Track)>[バウンス](Bounce)を選択します。
• バウンスしたいトラックを右クリックし、[バウンス]
を選択します。
• Command+Option+Shift+B(Mac)またはControl+
Alt+Shift+B(Windows)を押します。
2 [トラックをバウンス](Track Bounce)ダイアログで、
必要に応じて各種オプションを設定します。
3 [バウンス]をクリックします。
タイムラインが選択されている場合は、その選択内容だけがバウンスに含まれることになります。タイムラインが選択されていない場合は、セッションの開始時
にバウンスが開始され、トラック上の最後のサンプル・オーディオの終了時にバウンスが終了します。
異なるチャンネル幅を持つ複数のアウトプット・パスにソース・トラックがアサインされている状態でパン・
オートメーションをレンダリングした場合、それぞれのチャネル幅について新しいファイルが作成されます。たとえば、ソース・トラックのアウトプット・パスを、
モノ・アウトプット・パス、ステレオ・アウトプット・
パス、および5.1アウトプット・パスにアサインした場合、3つの独立したファイルが作成され、対応するチャンネル
幅が各ファイルに対して設定されます。トラックのアウトプットが、同じチャンネル幅を持つ複数のアウトプット・パスにアサインされている場合、ファイルが1つだけ作成
されます。パン・オートメーションをレンダリングしなかった場合、新しいファイルが1つだけ作成され、[トラックをバウンス](Track Bounce)ダイアログで選択された
[フォーマット]のチャンネル幅がこのファイルに格納され
ます。