Pro Tools 2018で利用可能なHD機能

Pro Tools 2018で利用可能なHD機能:これまでPro Tools HD Software のみで使用可能だっ
た次の機能がPro Tools Software 2018 でも利用できるようになりました。
• VCAマスター・トラック
• 固定RAMディスク・キャッシュ・アロケーション・
オプション
• ゲイン・リダクション・メーターを含む高度なメー
タリング
VCAマスター・トラックへの対応
Pro Tools Software はVCAマスター・トラック対応となりました。 VCAマスター・トラックは、アナログ・
コンソール上の電圧制御増幅器(VCA)チャンネルの操作をエミュレートします。VCAチャンネル・フェー
ダーは、コンソール上の他のチャンネルの信号レベルの操作、グループ化、オフセットに使用されます。
VCAマスター・トラックはオーディオを通さないため、インプット、アウトプット、インサート、センド
はありません。 ミックス・グループは、VCAマスター・トラックにアサインされます。VCAマスター・トラックは、VCAトラックのアサイン・セレクターに表示されます。
スレーブ・トラックと呼ばれるミックス・グループ内
のトラックのコントロールは、VCAマスターのコントロールにより操作されます。固定RAMディスク・キャッシュ・アロ
ケーション・オプション
Pro Tools Software では、プレイバック・エンジン・ダイアログで固定RAMディスク・キャッシュ・アロケーション・オプションを使用できるようになりまし
た。 プレイバック・エンジン・ダイアログで、ディスク・キャッシュに必要なRAMの量を指定します。高度なメータリングへの対応
Pro Tools では、メーター・バリスティックおよびスケールを変更できるため、オーディオレベルを視覚的
にモニタリングできます。 ほとんどのユーザーの場合、各メーター・タイプ設定におけるデフォルト設定が最
適です。 ただし、放送局、ポスト・プロダクション施設、ミキシングおよびマスタリング施設の一部では、他
のメーター・オプションの使用が好ましい場合があり、Pro Tools メーターを各種外部コンソールまたは他の
デバイスのメーターに合わせることができます。Pro Tools Software ではすべてのメーター・タイプお
よび高度なメーター・タイプ設定できます。これらはゲイン・リダクション・メーターに追加されました。

Protoolsの購入はこちら

AVID ( アビッド ) / Pro Tools 永続ライセンス版 (Activation Card and iLok)はこちら

AVID ( アビッド ) / Pro Tools + Eleven Rack (サブスクリプション版)はこちら

AVID ( アビッド ) / Artist CONTROL V2はこちら

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Pro Tools12 永続ライセンス版 + Scarlett 2i2 G2はこちら

Pro Tools HDX / HDをSoundGridネットワークで拡張するキー・プロダクトDLIはこちら

プロダクション、ミックス、マスタリングに加え、ノイズ処理までをカバーする、Wavesベーシックバンドルの最高峰 Diamond はこちら

あらゆる場面で必須のプラグインを収録した、Wavesスタンダード・バンドルWaves Plutinumはこちら