Protoolsミキシングの機能拡張

Protoolsミキシングの機能拡張
ミックスウィンドウのEQカーブビュー
ミックス・ウィンドウのEQカーブ・ビューには、トラックに挿入されているサポートされているEQプラグインのEQカーブが表示されます。
センドのプリ/ポストフェーダーインジケーター
センドのプリ/ポストフェーダーインジケーターを使うと、ミックスまたは編集ウィンドウのトラックのセンドビューを見るだけで、どのセンドがプリフェーダーに設定され、どのフェーダーがポストフェーダーに設定されているかが素早く確認できます。
トラックビューとオートメーションレーンセレクタがオレンジ色でオートメーションを表示する
オートメーショントラックビューとオートメーションレーンセレクタは、どのオートメーションプレイリストにオートメーションが含まれているかを示します。
スロット環境設定を挿入する
Pro Toolsでは、選択したデフォルトEQおよびデフォルト・ダイナミクス・プラグインを挿入するInsert Slot(noneまたはa-j)を指定し、EUC / Dynサイクリングの開始スロットをEUCONコントロールサーフェスから指定することができます。
EQ / Dynサイクリングの開始スロットを指定することもできます。これにより、EQとDynのサイクリング(EQまたはDynスイッチを繰り返し押すことにより)を最適化して、特定のスロットまたは最後にサイクリングされたスロットから開始することができます。
その他の改良AmbisonicsパスのAmbisonicsサブパス
(Pro Tools HDのみ)
Pro Tools | HDは、Ambisonicsパスのサブパスを低次Ambisonicsサブパスとモノラルサブパスに制限します。これにより、間違ってAmbisonicsチャンネルをスピーカーマップのパスにマップしないようにします(Ambisonicsチャンネルはスピーカーのチャンネルマッピングと相関しないため)。
バスI / O設定で複数の出力パスを選択するためのキー変更子
Pro Toolsでは、キー・モディファイアを使用して、I / O設定の[バス]ページの[マッピングから出力]メニューで複数の出力を選択できます。
コラボレーションコマンドを開始する
コラボレーション開始コマンド(ファイル>コラボレーション開始)を使用すると、新しいプロジェクトまたは既存のプロジェクトとのコラボレーションを開始できます。
システム要件と互換性情報
Avidは、互換性を保証し、テストおよび承認されたハードウェアおよびソフトウェアのサポートのみを提供します。
完全なシステム要件と、認定されたコンピュータ、オペレーティングシステム、ハードドライブ、サードパーティデバイスの一覧については、次のWebサイトを参照してください。

Protoolsの購入はこちら

AVID ( アビッド ) / Pro Tools 永続ライセンス版 (Activation Card and iLok)はこちら

AVID ( アビッド ) / Pro Tools + Eleven Rack (サブスクリプション版)はこちら

AVID ( アビッド ) / Artist CONTROL V2はこちら

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Pro Tools12 永続ライセンス版 + Scarlett 2i2 G2はこちら

Pro Tools HDX / HDをSoundGridネットワークで拡張するキー・プロダクトDLIはこちら

プロダクション、ミックス、マスタリングに加え、ノイズ処理までをカバーする、Wavesベーシックバンドルの最高峰 Diamond はこちら

あらゆる場面で必須のプラグインを収録した、Wavesスタンダード・バンドルWaves Plutinumはこちら