Protools セッションデータのインポート方法

[セッションデータをインポート(]Import Session Data) コマンドまたはドラッグ&ドロップ操作を使用して、別の Pro Tools セッションから現在の Pro Tools プロジェク トにデータをインポートしてメディアをコピーすること ができます。トラックをインポートしたり、インポート するセッション・データ(オートメーションやルーティ ングなど)を選択することもできます。また、メイン・ プレイリストのオプションをインポートして、既存のオ プションを置き換えたり、既存のトラックに要素を重ね ることもできます。
トラックやトラックの属性をプロジェクトにインポートする には:
1 新しいプロジェクトを作成して開くか、既存のプロ ジェクトを開きます。
2 以下のいずれかを行います。
• [ファイル](File)>[インポート](Import)>[セッ ションデータ](Session Data)を選択し、データを インポートするセッションを選択して[開く](Open) をクリックします。
• ワークスペース・ブラウザ、Windows Explorer、また は Mac Finder から、編集ウィンドウの空いている場 所かトラック・リストに、インポートするトラックや 属性のあるセッション・ファイルをドラッグします。
3 セッションの[フェーダーゲイン](Fader Gain)設定 がプロジェクトの設定と異なる場合は、[セッション データをインポート](Import Session Data)ダイ アログが表示される前に、フェーダー・ゲインを変更 するかどうかを確認するプロンプトが表示されます。
4 [ソース](Source)セクションで、各トラック名の 右にあるポップアップメニューをクリックすること によってインポートするトラックを選択し、[新規ト ラック](New Track)を選択します。
複数のトラックを選択するには、いずれかのト ラックのポップアップメニューを Option- クリッ ク(Mac)または Alt- クリック(Windows)し、 [新規トラックとしてインポート]を選択します。
サラウンド・ミキシングに対応していない Pro Tools システムの場合は、ソーストラック・リス トにサラウンド・トラックは表示されません。
5 選択したトラックごとに、新規のトラックとしてイン ポートするか、または既存のトラックへインポートす るかをポップアップメニューで選択できます。[トラッ クを一致](Match Tracks)をクリックすると、同じ 名前のインポート元トラックとインポート先トラッ クを自動的に一致させます。
6 [インポートするトラックデータ]ポップアップメニュー からインポートするトラックのデータを選択します。
7 [メインプレイリストオプション](Main Playlist Options)から、ソース・トラックのインポート方法 を選択します。
8 場合によっては、[オーディオメディアオプション]と [ビデオメディアオプション]のポップアップメニュー から、メディア・ファイルのインポート方法を選択し
ます。
プロジェクト・バンドル以外の場所に保存されて いる、ローカル・システム上のメディア・ファイ ルに、プロジェクトをリンクすることができます。 その場合、リンクされたメディアはクラウドに同 期されたままになりますが、ローカルのプロジェク ト・メディア・キャッシュにはコピーされません。
9 インポートしたデータの[タイムコードマッピング] (Time Code Mapping)オプションを選択します。
10 プロジェクトのサンプル・レートが異なる場合は、 [ソースのサンプルレート](Source Sample Rate)
ポップアップ・メニューでソース・セッションのサン プル・レートを選択します。
11 ソース・セッションから拍子とテンポのマップをイン ポートするには、[テンポ / 拍子マップ](Import Tempo/Meter Map)オプションを選択します。
12 ソース・セッションから調号をインポートするときは、 [調号マップ](Import Key Signature Map)オプショ
ンを選択します。
13 ソース・セッションからマーカーとメモリーロケー ションをインポートするには、[マーカー / メモリーロ ケーション](Import Marker/Memory Locations)オ プションを選択します。
14 ウィンドウ構成をインポートするには、[ウィンドウ 構成](Import Window Configurations)オプショ ンを選択します。
15 Pro Tools HD でソース・セッションからマイクプリ 設定をインポートするときは、[マイクプリ設定] (Import Mic Pre Settings)を選択します。