Protools トラックプリセット方法

Pro Toolsでは、トラック・プリセットの作成、保存、上書き、呼び出しができます。トラックプリセットは、選択した1つまたは複数のトラックの現在の設定をキャプチャし、トラックの種類、フォーマット、レベル、パン、プラグインとセンドの設定などを含めることができます。トラックプリセットを呼び出して、セッションで新しい事前設定されたトラックを作成することができます。インサートまたはセンドの設定をトラックプリセットから、セッションにすでに入っているトラックに呼び出すこともできます。
トラックプリセットは、[新規トラック]ダイアログの[トラックタイプ]セレクタで呼び出すことができます。トラックプリセットは、ワークスペースブラウザから呼び出して、新しいトラックを作成することもできます。ワークスペースブラウザを使用して、トラックプリセットのコレクションを整理、管理、検索することができます。これにより、セッションやプロジェクトの完璧なトラックプリセットに常に簡単にアクセスできます。
トラックプリセットの作成と保存
選択した1つまたは複数のトラックをトラックプリセットとしてセッションに保存できます。トラックプリセットは、選択した1つまたは複数のトラックの現在の設定を取得します。
新しいトラックプリセットを作成して保存するには:
 1 2
3 4
一般的なワークフローシナリオ(「ボーカル入力チェーン」、「ドラムパラレルコンプレッションバス」など)用のトラックを1つ以上作成して設定します。
次のいずれかの操作を行います。
•1つまたは複数のトラックを選択し、「トラック」>「トラックプリセットを保存」と選択します。
•トラック名を右クリックして、トラックプリセットを保存を選択します。
•トラックを選択し、Option + Shift + P(Mac)またはAlt + Shift + P(Windows)を押します。
必要に応じて[トラックプリセットを保存]ダイアログボックスを設定します(トラックプリセットダイアログの設定を保存するを参照)。 [OK]をクリックします。
トラックプリセットダイアログの設定を保存する
[トラックプリセットを保存]ダイアログでは、プリセットに名前を付けてカテゴリに割り当て、オーディオクリップとMIDIクリップ(すべてのクリップまたは現在の編集選択内のクリップのみ)を含めることができます。トラックプリセットにメタデータタグを追加すると、ワークスペースブラウザで完璧なトラックプリセットを簡単に検索できます。後で任意のワークスペースブラウザでトラックプリセットの名前を変更して再分類することができます。

Protoolsの購入はこちら

AVID ( アビッド ) / Pro Tools 永続ライセンス版 (Activation Card and iLok)はこちら

AVID ( アビッド ) / Pro Tools + Eleven Rack (サブスクリプション版)はこちら

AVID ( アビッド ) / Artist CONTROL V2はこちら

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Pro Tools12 永続ライセンス版 + Scarlett 2i2 G2はこちら

Pro Tools HDX / HDをSoundGridネットワークで拡張するキー・プロダクトDLIはこちら

プロダクション、ミックス、マスタリングに加え、ノイズ処理までをカバーする、Wavesベーシックバンドルの最高峰 Diamond はこちら

あらゆる場面で必須のプラグインを収録した、Wavesスタンダード・バンドルWaves Plutinumはこちら