Protools プロジェクトの保存について

プロジェクトの保存について
プロジェクトに参加しているいずれかのユーザーが変更 内容をアップロードすると、そのプロジェクトが保存さ れます。すべての変更内容のアップロードとダウンロー ドが実行されるまで、ローカル・キャッシュには、ロー カルの作業用コピーとクラウド・バージョンが個別に保 存されます(他のユーザーが編集したバージョンも個別 に保存されます)。
セッションをプロジェクトとして保存する
Pro Tools では、セッションのコピーをプロジェクトとし て保存することができます。セッションをプロジェクト として保存することにより、既存のセッションをプロ ジェクトに変換して、オンラインでコラボレーションを 行うことができます(元のセッションは、参照用として 使用できます)。
セッションのコピーをプロジェクトとして保存する前に、 割り当てられているオンライン・ストレージの容量と使 用可能な帯域幅を確認する必要があります。たとえば、 サイズの大きなファイル内のごく一部のオーディオだけ を参照するクリップで作業を行う場合は、それらのク リップを統合することをお勧めします。ご使用のイン ターネット接続の速度が非常に速いものでない限りは、 サイズの大きな参照ファイルのアップロードに時間がか かる場合があります。サイズの小さなファイル・クリッ プのアップロードとダウンロードは、比較的短時間で完 了します。通常は、すべての代替プレイリストを共有する 必要はなく、トラックのメイン・プレイリストを共有す るだけで十分です。可能な限り余分なものを省いてから、 セッションをプロジェクトとして保存することをお勧め します。こうすることにより、プロジェクトに参加して いるすべてのユーザーの作業時間とオンライン・スト レージ領域の節約につながります。