Pro ToolsのAmbisonicsミックス

Pro ToolsのAmbisonicsミックス
Pro Toolsのミキシングを作成するには、通常、ソースのオーディオトラックにAvid認定のサードパーティのAAX Ambisonicsパンニングプラグインを使用し、これらのトラックの出力を、Ambisonicsのフォーマット対ステレオプラグインを使用してAuxiliary Inputトラックにルーティングします – 電話の監視。 Ambisonicsのワークフローと構成のミキシングは、ソースマテリアル、使用される特定のAmbisonicsプラグイン、および必要な配信フォーマットによって異なります。
ヘッドフォンモニタリングのために第2注文のAmbisonicsでステレオにミックスされたモノラルオーディオ
例 – FB360オーディオプラグインを使用してモノラルオーディオトラックから2nd Order AmbisonicsステレオミックスにミックスするためのPro Toolsの設定:
1 I / O設定が2nd Order Ambisonicsバスパスで設定されていることを確認します(AmbisonのI / O設定の設定を参照)。
2 2nd Ambisonにミキシングするオーディオを含むモノラルオーディオトラックを作成します。
使用しているAmbisonicsパンニングプラグインに応じて、ソースオーディオトラックはモノラルまたはステレオ、またはサラウンドフォーマット(5.0または7.0など)またはAmbisonicsフォーマット(Bフォーマットなど)でもかまいません。
3トラックの出力を2nd Order Ambisonicsバスパスに割り当てます。
4トラックにFB360 Spatialiserプラグインを挿入します(トラック上の他のプラグインと一緒にオーディオを処理する場合は、前に
Ambisonicsプラグイン)。
ステップ3〜5を繰り返して、Ambisonicsミックスのソーストラックを追加します。



5 2nd Order Ambisonics補助入力トラックを作成します。
6補助入力トラックの入力に2nd Order Ambisonicsバスパスを割り当てます。
7 FB360コントロールプラグインをAUXインプットトラックに挿入します。
       1次、2次、3次のAmbisonicsチャンネル・フォーマットのサポート(Pro Tools HDのみ)

Protoolsの購入はこちら

AVID ( アビッド ) / Pro Tools 永続ライセンス版 (Activation Card and iLok)はこちら

AVID ( アビッド ) / Pro Tools + Eleven Rack (サブスクリプション版)はこちら

AVID ( アビッド ) / Artist CONTROL V2はこちら

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Pro Tools12 永続ライセンス版 + Scarlett 2i2 G2はこちら

Pro Tools HDX / HDをSoundGridネットワークで拡張するキー・プロダクトDLIはこちら

プロダクション、ミックス、マスタリングに加え、ノイズ処理までをカバーする、Wavesベーシックバンドルの最高峰 Diamond はこちら

あらゆる場面で必須のプラグインを収録した、Wavesスタンダード・バンドルWaves Plutinumはこちら