Pro Tools HDでドルビー・アトモスとミキシングする

Pro Tools HDでドルビー・アトモスとミキシングする
Pro Tools HDには、Dolby Atmos Rendererとのミキシングをサポートする次の機能があります。
•入力、出力、バスパス、オーディオ、AUXインプット、マスターフェーダー、インストゥルメントトラックの7.0.2と7.1.1チャンネル幅。
•I / O設定のマッピングされたBindingesticatedObjectObjectOutputPaths
モノラルおよびステレオオーディオ、補助入力、およびインストゥルメントトラックのオブジェクトビュー。
•モノラルおよびステレオオーディオ、AUXインプット、およびインストゥルメントトラック用に割り当てられたトラックアウトとオブジェクト出力パスの自動切り替え




Dolby Atmos Rendererが使用できない場合、ObjectFoldDownPathはオブジェクトオーディオを混合してモニタリングします
•7.0.2,7.1.2、およびオブジェクトパニング
3D「シアター」パンニングビュー
•強化されたオブジェクトレコーディング(ダビング)ワークフロー
•包括的な制御インタフェースの統合
ドルビーアトモスの概要
Pro Tools | HDソフトウェアを使用すると、Dolby Atmosレンダラーで使用するときに、オブジェクトオーディオの再生と録音、およびメタデータのパンニングをサポートするDolby Atmos 7.0.2および7.1.2マルチチャンネルフォーマットにミックスできます。
オーディエンス・イマージョン
Dolby Atmosでは、次の3つの重要な要素が、5.1システムと7.1システムでのオーディエンスエクスペリエンスを大幅に向上させます。
•吸音ヘッド
•オーディオ品質とタイムトレンドの改善•大規模な空間制御と解像度
“3D”マルチチャンネルフォーマット
Pro ToolsはDolby Atmosとのミックスのために7.0.2と7.1.2のチャンネル幅を提供します。 7.0と7.1は標準的なサラウンドチャンネルの幅です(この場合、7つのサラウンドチャンネルと、サブウーファを通して再生される低音域のコンテンツ用のオプションのLFEチャンネル)。追加の「.2」は、 – ステレオ(左と右)のオーバーヘッドスピーカー(またはスピーカーグループ)に混在しているネル。これにより、真に3次元オーディオのためのサラウンドサウンドの高さの次元が追加されます。

Protoolsの購入はこちら

AVID ( アビッド ) / Pro Tools 永続ライセンス版 (Activation Card and iLok)はこちら

AVID ( アビッド ) / Pro Tools + Eleven Rack (サブスクリプション版)はこちら

AVID ( アビッド ) / Artist CONTROL V2はこちら

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Pro Tools12 永続ライセンス版 + Scarlett 2i2 G2はこちら

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Pro Tools12 永続ライセンス版 + Scarlett Solo G2はこちら

Pro Tools HDX / HDをSoundGridネットワークで拡張するキー・プロダクトDLIはこちら

プロダクション、ミックス、マスタリングに加え、ノイズ処理までをカバーする、Wavesベーシックバンドルの最高峰 Diamond はこちら

あらゆる場面で必須のプラグインを収録した、Wavesスタンダード・バンドルWaves Plutinumはこちら