Protools バックアップ方法

Protools バックアップ方法:データーを保存する際にバックアップをとっておくと万が一の際に安全です。
その方法です。
データーを全て選択する。
デスクトップにバックアップというフォルダを作る
データーをそのフォルダに全てコピーする

またタイムマシンも有効です

ドライブを Mac に接続した時点で、Time Machine のバックアップディスクの選択画面が表示されない場合は、以下の手順でおこなってください。

メニューバーの Time Machine メニュー Time Machine アイコン から「Time Machine」環境設定を開きます。または、Apple () メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「Time Machine」選択する。
「バックアップディスクを選択」「ディスクを選択」または「バックアップディスクを追加/削除」をクリックする。
リストからバックアップディスクを選択し、「ディスクを使用」をクリックする。
バックアップのセキュリティと利便性を高めるため、上記の手順を繰り返して別のバックアップディスクを追加しておけます。たとえば、2 台のバックアップディスクを自宅と職場で使い分けるといった運用が出来ます。

Protoolsの購入はこちら

AVID ( アビッド ) / Pro Tools 永続ライセンス版 (Activation Card and iLok)はこちら

AVID ( アビッド ) / Pro Tools + Eleven Rack (サブスクリプション版)はこちら

AVID ( アビッド ) / Artist CONTROL V2はこちら

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Pro Tools12 永続ライセンス版 + Scarlett 2i2 G2はこちら

Pro Tools HDX / HDをSoundGridネットワークで拡張するキー・プロダクトDLIはこちら

プロダクション、ミックス、マスタリングに加え、ノイズ処理までをカバーする、Wavesベーシックバンドルの最高峰 Diamond はこちら

あらゆる場面で必須のプラグインを収録した、Wavesスタンダード・バンドルWaves Plutinumはこちら