Pro Tools 2018 トラックプリセット

Pro Tools 2018 トラックプリセット:Pro Tools 2018は、深みのある多機能のトラック・プリセットを搭載しており、好きなエフェクト・チェーン、センド/アウトプット・ルーティング、さらには内蔵のMIDIやオーディオからすべてを保存することができます。

トラックプリセットを呼び出す機能は、ワークフローをスピードアップし、創造的であることに集中し、日常的な作業に悩まされないようにすることができます。

それでは、このエキサイティングな機能を試してみましょう。

あなたの中には、トラックプリセットを作成することを許していたしばらくの間、ある種の「回避策」があることを知っている人もいますし、過去に私が単にそれを正式なものにしていない理由を尋ねられました。しかし、このブログと付随するビデオでは、この機能を構築する時間をかけて、プロセス全体を通して多くの顧客からのフィードバックを得て、より包括的で、信頼性が高く、柔軟性が高く、サポートされていることが分かります。



トラックプリセットを使用すると、トラックまたはトラックグループをプリセットとして保存し、ワークフローをスピードアップするために複数の方法で呼び出すことができます。

最初にトラックプリセットの作り方を見てみましょう。

トラックプリセットとして保存したいトラックがあれば、トラックネームプレートを右クリックするか、トラックメニューから選択するか、ショートカットを使用します。

 

オプションShift P Mac

WindowsのAlt Shift P

 

トラック、トラックメニューまたはショートカットからトラックのプリセットを保存する

これにより、トラックプリセットの名前を付けて保存するカテゴリを選択したり、新しいトラックを作成したりするダイアログが開きます。トラックプリセットにはオーディオとMIDIクリップを含めることもできますが、これについては後で詳しく説明しますが、大量の意図しないデータが保存されるのを防ぐため、デフォルトでは選択されていません。

トラック・プリセットをタグで検索することができるようになり、いくつかのPro Toolsバージョンで導入されたタグ機能がさらに便利になりました。

タグを使用すると、タグを追加して、後で簡単にプリセットを見つけることができます。トラックデータに関する情報を使用して、名前、トラックタイプ、プラグイン、およびプラグインカテゴリをタグ付けする自動タグ機能もあります。

 
新しいトラック保存プリセットダイアログからトラックプリセットとオプションを保存する
トラックプリセットを呼び出すには、新しいトラックダイアログからトラックプリセットを選択するか、ワークスペースを使用してプリセット名のタグを検索します。ワークスペースの新しいトラックプリセットカテゴリからプリセットをセッションにドラッグ&ドロップするか、または右クリックしてトラックプリセットのインポートオプションを使用します。



新しいトラックダイアログからトラックプリセットにアクセスする

ワークスペース内の新しいトラックプリセットの場所で簡単に検索し、トラックプリセットを簡単に管理できます。
トラックプリセットを保存すると、オートメーション、センド、プラグイン、関連する設定、元のセッションに関するデータ、選択したクリップなど、トラックに関する大量の情報も保存されますが、どのパラメータをケースバイケースで呼び出すかを指定します。

ワークスペースウィンドウの上部にある5つのプリセットで、すぐに呼び出す範囲のパラメータを保存することができます。含まれるもののオプションは、各プリセットの次の時間に選択して呼び出すことができますが、元のデータが保持されているので、いつでも更新することができます。

 
いつでも呼び出すトラックデータを選択する
Pro Toolsのユーザーがいるようにこの機能を使用する方法については、多くの良いアイデアがあると確信しています。これを使用するいくつかの方法を見ていきましょう。

ボーカルやダイアログなどの重要なセッション要素をお気に入りの設定に保存しておくとすぐに思い出す必要がある場合があります。送信と同様に、すべてのプラグインもオプションで呼び出されるため、テンプレートやインポートセッションデータオプションを使用せずに、完全に準備されたトラックを新しいセッションに追加してすぐに使用できます。

音楽の場面では、ドラムのような複雑なバーチャル・インストゥルメントの設定や、適切なプラグインとサブ・バスのあるトラックへの複数のアウトプットの使用など、簡単に呼び出すことができます。あるセッションでは、そのプラグインまたはプラグインシリーズを使用するつもりはありませんでした。

 
ワンステップで複雑なAOSバーチャルインスツルメンツを素早く追加
トラックプリセットにはクリップも含めることができるため、トラックプリセットを使用して、進行中のアイデアや一般的に呼び出すために使用するパターンを保持することができます。また、タイムベースで強制的に使用すると、彼らが別のテンポのセッションから来たとしても。

 
MIDIとオーディオのアイデアを保存して簡単に呼び出す
これはMIDIデータだけでなく、オーディオデータでもあることを覚えておいてください。ループが好きな場合や、オーディオベースのクリックや参照オーディオを使用する場合は、トラックプリセットとして保存することもできます。

オプションのデータインポート機能の大きな点は、以前に保存したデータの一部を使用せずにプリセットの1つをインポートしたい場合、MacまたはControlキーを押したままプリセットの1つを呼び出すと簡単に行うことができるWindows。

これの良い例は、ドラムやクリックトラックを作成したときです

Protoolsの購入はこちら

AVID ( アビッド ) / Pro Tools 永続ライセンス版 (Activation Card and iLok)はこちら

AVID ( アビッド ) / Pro Tools + Eleven Rack (サブスクリプション版)はこちら

AVID ( アビッド ) / Artist CONTROL V2はこちら

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Pro Tools12 永続ライセンス版 + Scarlett 2i2 G2はこちら

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Pro Tools12 永続ライセンス版 + Scarlett Solo G2はこちら

Pro Tools HDX / HDをSoundGridネットワークで拡張するキー・プロダクトDLIはこちら

プロダクション、ミックス、マスタリングに加え、ノイズ処理までをカバーする、Wavesベーシックバンドルの最高峰 Diamond はこちら

あらゆる場面で必須のプラグインを収録した、Wavesスタンダード・バンドルWaves Plutinumはこちら