Sibelius 2018 新機能

新しいSibelius 2018は、スコアをマークアップする方法に革命をもたらす多くの新機能を提供します。第二に、お客様のクラウドストレージを拡張してSibeliusを強化する方法を提供しています。クラウド共有ワークフローAvid Artist Communityに参加して参加し、音楽を共有し宣伝することもできます。最後に、新しいAvid MarketplaceとArtist Portalを発表し、音楽ソフトウェアの購入と管理を可能にします。

掘り起こしましょう…

 

Sibeliusでワークフローを強化する
Sibeliusのスラー、ネクタイ、その他のラインでスコアをマークアップすることは、これまで繰り返してきました。



ライン
複数の譜表に任意のタイプの譜表行を入力できるようになりました。一度に1つのセクションにスラー(S)またはヘアピン(HまたはShift + H)を追加することは簡単で、プロセスや貴重な時間を節約できます。 Sibeliusは音楽を追加する際に音楽を認識しているため、選択範囲の最初の音符と最後の音符でこれらの行を開始および終了します。

 
私たちはまた、あなたが通路の選択肢を持っているときに、個々の譜表に対して行が入力される方法を変更しました。これで、ラインが選択範囲の最初と最後の音符にアタッチされ、フレーズマーキングを実際にすぐに入力することができます。

 
行を入力すると、行の最後のハンドルを選択するように選択が変更され、SpaceまたはShift + Spaceを使用して行の長さまたは長さを調整できます。これにより、すべてのタイプのスタッフラインで機能するラインの選択と操作が迅速に行えます。

または、Cmd +クリックまたはCtrl +クリックして、線を開始する位置のノートをクリックし、その線をスコアに追加します。必要に応じてこれを拡張することができます:

 
もちろん、SpaceキーまたはShift + Spaceキーを押すと、選択したすべての行の行を進めたり縮小したりします。これは、ヘアピンやフレーズマークを複数の楽器に追加するのに非常に便利です。これは行を挿入するときに実行する必要はなく、いつでも実行できます。



複数のボイスにスラーを追加する
複数の声にまたがる音楽の通路にスラーを追加することも、わずかなステップで済みます。この例では、これまでに9つのステップを完了していました。新しいSibeliusでは、3つの選択肢があります(Shiftキーを押しながらクリックすると選択範囲が拡大され、Sキーを押すと4つのスラーがすべて追加されます)。

 
Sibeliusは残りの部分を認識しているので、このような通路にスラーをすばやく追加することができます。

 
再びこれはわずか3ステップしかかかりませんでした。以前は16ステップまででした。なぜなら、ボイス2へのスラーを加えることは、常にキーパッドで音声を変えることによって行われなければならないからです。

スラーを追加するための繰り返しパターンがある場合は、新しいフィーチャーをAdvanced Filterと組み合わせて使用​​することで、簡単に長いスペースにスラーを追加することができます。

 
ネクタイ
いくつかの音符しか共通していないコードのノート間のつなぎ合わせは、特別なプラグインなしでは常に煩雑でした。あなたは具体的に各コードが持っていたノートを選択し、キーパッドでEnterキーを押す必要がありました。これで、両方のコードに渡る選択範囲を使用するだけで、各コードに表示されるノートにのみタイが追加されます。これは、システム上であっても、タプレットなどで、複数のコードにまたがる選択項目で機能します。キーパッドのEnterを押すとタイが引き続きトグルします。

簡単な例です:

 
三つ組を含む複数の譜表にタイを追加することもうまく処理されるので、もっと珍しい例があります:

 
必要に応じて、鳴らしたいノートを選択してタイを追加するだけで、ダングリングタイを作成できます:

 
バーライン
複数のバーラインを選択してそのタイプを変更できるようになりました。タイプをDouble、Dashed、Final、Invisible、Normal、Tick、Short、Between Stavesに変更することができます。これらのバーラインにシステムまたはページ区切りを追加して、レイアウトを素早く変更したり、教育ワークシートを簡単に作成したりすることもできます。

この例では、Cmd +クリック(Mac)Ctrl +クリック(Win)を使用して個別に選択された棒線を表示し、Returnキーを使用してシステムブレークをすべて「Dashed」に変更します。

 
これはすべてのタイプのバーラインで機能しますが、リピートバーラインも改善されました…

 

リピートライン
開始と終了の繰り返しを追加することがこれまで以上に簡単になりました。継代またはシステム選択があるとき、EndまたはStartの繰り返し線を追加すると、選択のいずれかの端に追加されます。これにより、必要な繰り返し構造ごとにもう一方のリピートバーラインを作成する手間が省けます。

 
メモ編集
Sibeliusでのノートの編集もこのバージョンで変更されました。ノートのリズムを伸ばすことは、もはや次のノートを完全に消してしまうのではなく、必要なリズムだけを消してしまいます。今までは、手作業で次の音符を戻す必要がありました。これは、音符の長さを延長する場合にのみ発生し、音符の長さを短くすると休符が作成されます。これは、複数のノート・セレクションでうまくいきます

Protoolsの購入はこちら

AVID ( アビッド ) / Pro Tools 永続ライセンス版 (Activation Card and iLok)はこちら

AVID ( アビッド ) / Pro Tools + Eleven Rack (サブスクリプション版)はこちら

AVID ( アビッド ) / Artist CONTROL V2はこちら

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Pro Tools12 永続ライセンス版 + Scarlett 2i2 G2はこちら

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Pro Tools12 永続ライセンス版 + Scarlett Solo G2はこちら

Pro Tools HDX / HDをSoundGridネットワークで拡張するキー・プロダクトDLIはこちら

プロダクション、ミックス、マスタリングに加え、ノイズ処理までをカバーする、Wavesベーシックバンドルの最高峰 Diamond はこちら

あらゆる場面で必須のプラグインを収録した、Wavesスタンダード・バンドルWaves Plutinumはこちら