Avid Eleven Rack 使い方

Avid Eleven Rack 使い方:Avid Eleven Rackは初期の設定では電源を入れUSBポートに接続してドライバーをここからインストールして再起動するとiTunesなどはシステム環境設定のサウンドをEleven Rackにすると音がなりますが

Protools側でボーカル録音する際は一度I/Oを初期設定にします。



そのあと入力をGiuter Input/mic Input Rにします

ボーカルのケーブルの刺す位置はここです

初めの設定で入力がギターになってるのでボーカルを録音する際はGiuter Input/mic Input Rにすることを忘れないでください。

Protoolsの購入はこちら

AVID ( アビッド ) / Pro Tools 永続ライセンス版 (Activation Card and iLok)はこちら

AVID ( アビッド ) / Pro Tools + Eleven Rack (サブスクリプション版)はこちら

AVID ( アビッド ) / Artist CONTROL V2はこちら

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Pro Tools12 永続ライセンス版 + Scarlett 2i2 G2はこちら

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Pro Tools12 永続ライセンス版 + Scarlett Solo G2はこちら

Pro Tools HDX / HDをSoundGridネットワークで拡張するキー・プロダクトDLIはこちら

プロダクション、ミックス、マスタリングに加え、ノイズ処理までをカバーする、Wavesベーシックバンドルの最高峰 Diamond はこちら

あらゆる場面で必須のプラグインを収録した、Wavesスタンダード・バンドルWaves Plutinumはこちら