Pro tools インポートするデータをトラックダイアログプリセット

Pro toolsインポートするデータをトラックダイアログプリセット
Pro Toolsでは、プリセットとしてさまざまなトラック・データ・イン・インポート・ダイアログの設定を保存して呼び出すことができます。 [インポートするトラックデータ]ダイアログの[プリセット]コントロールは、バッチの名前変更、フェード、クリップエフェクトの[プリセット]コントロールと同じように機能します。
プリセットボタン
[インポートするトラックデータ]ダイアログには、最も一般的に使用されるトラックデータとインポートの設定を保存して呼び出すための5つのプリセットボタンがあります。 Librarianメニューを使用して、Import Data to Import設定を保存してインポートすることもできます。
トラックデータをインポートプリセットに保存するには:
1好きなように[インポートするトラックデータ]ダイアログを設定します。
2現在のトラックデータ – インポート設定を保存するプリセットボタンをCommand-クリック(Mac)またはControl-クリック(Windows)します。
インポートするトラックデータを呼び出すには:
設定を含む設定ボタンをクリックします。ライブラリアンメニュー
Librarianメニューを使用して、プリセットファイル(.ptpreset)を保存して呼び出すことができます。これらのファイルは、通常、トラックデータのインポートフォルダ(/ Documents / Pro Tools / Pro Toolsプリセット/トラックデータ/インポート)フォルダに保存され、そこから呼び出されます。ただし、システム上の任意のディレクトリに保存してインポートすることができます。プリセット・ファイルは他のPro Toolsシステムでも共有して使用できます。
ライブラリアンのメニューコマンドには次のものがあります。



<工場出荷時の設定> [インポートするトラックデータ]ダイアログのデフォルト設定を復元します。
Save Settings現在の設定を保存します。このコマンドは、以前のバージョンのプリセットを上書きします。
現在の設定を保存するには、Command + Shift + S(Mac)またはControl + Shift + S(Windows)を押します。
Save Settings As現在の設定を新しいプリセットとして保存します。プリセットに名前を付けて、システムの任意の場所に保存することができます。
インポート設定デフォルトのトラックデータインポートフォルダに焦点を当てた設定ファイルの選択ダイアログが開きます。インポートするデータを追跡するこの場所に保存されている設定ファイルは、ライブラリアンメニューの<工場出荷時設定>に名前でリストされています。 「設定ファイルの選択」ダイアログでは、システム上の任意の場所に移動して、必要なトラックデータのインポートプリセットファイルを選択してインポートすることができます。
現在の設定ファイルを削除ディスクから現在の設定ファイルを永久に削除します。
ロック(ロック解除)設定ファイル選択した設定ファイルをロック(またはアンロック)して、編集できないようにします。

Protoolsの購入はこちら

AVID ( アビッド ) / Pro Tools 永続ライセンス版 (Activation Card and iLok)はこちら

AVID ( アビッド ) / Pro Tools + Eleven Rack (サブスクリプション版)はこちら

AVID ( アビッド ) / Artist CONTROL V2はこちら

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Pro Tools12 永続ライセンス版 + Scarlett 2i2 G2はこちら

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Pro Tools12 永続ライセンス版 + Scarlett Solo G2はこちら

プロダクション、ミックス、マスタリングに加え、ノイズ処理までをカバーする、Wavesベーシックバンドルの最高峰 Diamond はこちら

あらゆる場面で必須のプラグインを収録した、Wavesスタンダード・バンドルWaves Plutinumはこちら