Pro Tools トラックプリセットでトラックを指定する

Pro Tools トラックプリセットでトラックを指定する:
Pro Toolsでは、トラックプリセットで呼び出すトラックとセッションのデータを指定できます。これらの設定は、ワークスペースで変更できます
任意の選択したトラックプリセットのブラウザ(ワークスペースブラウザのトラックプリセットを参照してください)。
プリセットを呼び出すためのデータの追跡
Pro Toolsでは、トラック・データ・リコール・ダイアログのさまざまな設定をプリセットとして保存して呼び出すことができます。プリセットコントロール
トラックデータを呼び出すダイアログは、バッチの名前変更、フェード、クリップエフェクトのプリセットコントロールと同じように機能します。
プリセットボタン
[Recall to Recall]ダイアログには、最も一般的に使用されるトラックデータを呼び出すための5つのプリセットボタンが用意されています
構成。 Librarianメニューを使用して、Recall設定にトラックデータを保存して呼び出すこともできます。
リコールするデータの追跡ダイアログ
Command + R(Mac)またはControl + R(Windows)を押して、[トラックプリセットの保存]ダイアログから[データを呼び出すトラック]ダイアログを開きます。
何らかの手段でトラックプリセットを呼び出すときは、Control(Mac)またはStart(Windows)を押して、インポートするトラックデータを開いて編集します
ダイアログ。あなたはできる
 トラックプリセット
9
リコールプリセットにトラックデータを保存するには:
1好きなように[リコールするデータをトラック]ダイアログを設定します。
2 Commandキー(Mac)またはControlキー(Windows)を押して、現在のトラックデータを呼び出す設定を保存するプリセットボタンをクリックします。
リコールするトラックデータを呼び出すには:
呼び出したい設定を含むプリセットボタンをクリックします。
ライブラリアンメニュー
Librarianメニューを使用して、プリセットファイル(.ptpreset)を保存して呼び出すことができます。これらは通常、トラックデータから呼び出され、呼び出されます
フォルダ(/ドキュメント/ Pro Tools / Pro Toolsのプリセット/トラックデータを呼び出す/)。ただし、任意のディレクトリに保存して呼び出すことができます
あなたのシステムで。プリセット・ファイルは他のPro Toolsシステムでも共有して使用できます。
ライブラリアンのメニューコマンドには次のものがあります。
<工場出荷時の設定> [データを呼び出すトラック]ダイアログのデフォルト設定を復元します。
Save Settings現在の設定を保存します。このコマンドは、以前のバージョンのプリセットを上書きします。
Save Settings As現在の設定を新しいプリセットとして保存します。プリセットに名前を付けて、システムの任意の場所に保存することができます。
読み込み設定デフォルトのトラックデータトラックフォルダに焦点を当てた設定ファイルの選択ダイアログが開きます。設定を呼び出すためのデータの追跡
この場所に保存されているファイルは、ライブラリアンメニューの<工場出荷時設定>に名前でリストされています。 [設定ファイルの選択]ダイアログで、
システム上の任意の場所に移動して、希望の呼び出しデータ設定プリセットファイルを選択してインポートすることができます。
現在の設定ファイルを削除ディスクから現在の設定ファイルを永久に削除します。
ロック(ロック解除)設定ファイル選択した設定ファイルをロック(またはアンロック)して、編集できないようにします。
データの追跡
Pro Toolsでは、トラック・プリセットでトラック・データを含める(または除外する)ことができます。説明付きのトラックデータオプションの完全なリストについては、
「Pro Toolsリファレンス・ガイド」を参照してください。
セッションデータ
Pro Toolsでは、以下のセッション・データをトラック・プリセットとともに含める(または除外する)ことができます。セッション・データ・オプションの完全なリストについては、
説明については、「Pro Toolsリファレンス・ガイド」を参照してください。
トラックオフセットオプション
Pro Toolsでは、タイムコード・マッピング・オプションで発生するオフセットに加えてトラック・オフセットを指定することができます。インポートされたオーディオ
現在のセッションまたはプロジェクトタイムラインで指定された量だけオフセットされます。
次のいずれかのオプションを選択します。
オフセットなしトラックオフセットは適用されません。
[オフセット] [タイムライン]のトラックオフセットをBars、Beats、Min:Sec、Timecode、Feet + Frames、またはSamplesで指定できます。
オフセット・ソング・スタート・マーカーセッション・ソング・スタート・マーカーにトラック・オフセットを配置します。
タイムライン選択範囲へのオフセット現在のタイムライン選択の開始位置にトラックオフセットを配置します。
その他のオプション
Pro Toolsでは、現在のトラック・プリセット・リコール設定をティックベースまたはサンプルベースのトラックに設定することができます。
フォーストゥタイムベース
[タイムベースに強制]オプションを有効にすると、選択したタイムベースに常にトラックプリセットがインポートされます。
現在の設定を保存するには、Command + Shift + S(Mac)またはControl + Shift + S(Windows)を押します。